2011年06月16日

臨時ホームステイという選択肢もあります。

福島の、放射能が不安なママ・妊婦さんに向けて、
「臨時ホームステイという選択肢もあるよ」と知らせるチラシを作りました。

郡山市や福島市の放射線量は、いま、だいたい毎時1.3マイクロシーベルトくらいだと思います。
チラシ制作者としては、この数値は、即時避難しなければならないものではないと考えています。
(この数値がそのまま1年続くのは避けたいので、土を削るなどの対策が必要だとも考えています)

しかし、そこで赤ちゃんを産もうとしていたり、小さな子を育てているママのなかには、
不安で不安で仕方ない、という方もいらっしゃると思います。
強い不安が続くのは、決していいことではありません。

そこで、不安を少しでもやわらげていただこうと、
「いざとなったら臨時ホームステイもあるよ」と知らせるチラシをつくりました。
選択肢を増やすことが、もっとも大切だと考えています。
(つまり、「臨時ホームステイ」の情報ですが、
「危険だからすぐに避難したほうがいいよ」と知らせるチラシではありません。)

もし、賛同していただけるようでしたら、このチラシを自由にお使いください。
各団体への連絡も済んでおります。
「施設がいっぱいになる」「連絡先が変わる」こともありますので、
データは最新版のものに随時更新していきますが、万が一変わってしまっている場合はご容赦ください。

■このチラシは、広告関係で働く有志が集まって作りました。
私たちは「必要な情報を必要な人に伝える」ボランティア活動をしています。
■このチラシに関するお問い合わせは、
電話 03-5766-4545(有限会社スタタン.担当:佐藤)
メール sato@statan.co.jp
※このチラシを制作したのは個人の有志であり、各団体とは関係ありません。


チラシのダウンロードはこちらからお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
mama_ninpu_0530a.pdf


軽いデータは、こちらから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
mama_ninpu_0530b.pdf

mama_ninpu_mini.jpg

デザイン&イラスト:はらだまきこ
posted by statan at 11:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福島県郡山市に住む、3姉妹の母です。
こういう活動をしてくださっている方がいらしてくださること、本当に心強いです。
こちらの現状をブログで日々お伝えしています。
私の主観になるかもしれませんが、よろしければ遊びにいらしてください。
私もそろそろ疲れてきました…。
Posted by mikttymama at 2011年05月27日 17:22
はじめまして、
Twitterフォローさせていただいてます。
年間20oSv誤解の件、とてもわかり易くて、しかもとても大切な情報でした。
説明ありがとうございました。
仰るとおり、国ももっとしっかり説明すればば良いのにと思います。
…補償の事とか政府への糾弾も大切な事ですが、
今は、実際の状況とこれからどうしたら良いか、それが一番知りたいです。
例えば私は神奈川在住ですが、自宅の庭の土はどのくらいの危険度なのか、
危険ならば除染する方法はあるのか等、です。
norizosさんのツイートを読んで、とっても安心感がありました。
それは内容ももちろん、今一番何をするべきか、それを話そうとなさっている様に思えたからだと思います。
最近ちょっとツイッタが怖くなってしまったので、こちらに御礼を書いてしまいました。
私も原子力以外のエネルギーで世の中を回してみたいものだと願っている者です、
norizosさんどうか泣かないでくださいね、応援してます。

Posted by at 2011年05月31日 03:43
あったかいコメント、ありがとうございます。泣きそう。うそ。泣かないですが、本当に嬉しいです。

自分は素人なんですが、いろいろ勉強していくうちに、これはみんな誤解してるんじゃないかとか、これをみんな知っていたほうがいいんじゃないかとか、知らなかったり誤解したりしているから混乱してるんじゃないかとか、いろいろ思うところがありました。

素人で、「わからないことがわかる」からこそ、伝えられることもありますよね。20mSv以外にも、まだまだ伝えたいことがたくさんあって、何とかしなくちゃと思っております。だからこういうコメントいただくと、すごく励みになります。
反原発のくせに、反原発らしからぬ発言も多くなってしまうんですが、これからもよろしくお願いします。
Posted by norizos at 2011年05月31日 11:52
mikttymamaさん、ブログ、拝見させていただいています。「ふんばろう東日本支援プロジェクト」「ガイガーカウンタープロジェクト」にも参加されているんですね。素晴らしいです。

私も、これからいろんな「温度差」が出てくると思います。ひょっとしたら、その「温度差」がいちばんの敵かもしれない。それを埋められるような情報発信ができないかな、と考えてみたりしています。難しいですが。
少なくとも私自身は問題意識を持ち続けて、何らかのカタチでかかわっていきたいと思っています。
Posted by norizos at 2011年05月31日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。